サイトマップ

  1. HOME >
  2.  今後の介護業界

今後のホームヘルパー

今後の介護業界

日本の高齢者人口は、2025年のピーク時に総人口の30%超に達する見込みで、 介護業界は、施設系介護・通所系介護、訪問介護、その他の生活支援サービスや介護予防など含めると極めて裾野が広い産業で成長産業と位置づけられています。
一方で介護職員数は2007年の約117万人から、2025年には約212万人の介護職員数が必要とされており毎年約5万人の新規の雇用が必要とされています。
今後、介護業界で働く方のキャリアアップとしても必要となる入門資格が「介護職員初任者研修」なのです。そして、介護職員初任者研修講座修了後は、実務経験が3年以上で「サービス提供責任者」としての要件を満たすことが出来ます。
また、実務経験3年以上で「介護福祉士」の試験を受ける資格が、5年以上で「ケアマネージャー」の試験を受ける資格が得られます。
介護職員初任者研修講座を修了することにより一層の専門的スキルアップを目指せます。
最近では社会福祉施設の介護職員、グループホームや老人ホームなどの高齢者施設、病院等の介護職で働くためには、介護職員初任者研修を修了していることが、職員採用の際の最低限の要件とされる事が多くなっています。
特に、介護保険制度上の訪問介護(ホームヘルプサービス)を行う事業所や障害者自立支援法制度下で、介護員(ホームヘルパー)として働く場合には、この養成研修を修了していることが必須となっています。

スキルアップの流れ
介護福祉士とは
介護福祉士とは、専門的知識と技術をもって認知症や寝たきりのお年寄り、障害があるために日常生活を営むことに支障がある人たちに対し、身体的、精神的自立を助けるために入浴、食事、排泄等の介護を行います。 また、その人本人(当事者)や介護者(家族など)に対して介護に関する指導をおこなう専門的な国家資格です。
ケアマネージャーとは
ケアマネージャーは要介護者及びその家族からの相談に応じ、要介護者がその心身の状況等に応じ適切な居宅サービス又は施設サービスを利用できるように、 ケアプラン(居宅サービス計画・施設サービス計画)を作成する専門職であり、 居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)や介護保健施設(特別養護老人ホーム、老人保健施設など)などに配置される事が定められてます。
講座に関するご質問はお電話・お問い合わせフォームからお願いしたします。

〒 060-0807 北海道札幌市北区北7条西4丁目1番 トーカン札幌ビル5F(1F サンクス)
キャリア・フォースアカデミー 介護職員初任者研修講座

札幌の介護職員初任者研修講座キャリアフォースアカデミートップへ

受講申し込みフォームバナー

介護職員初任者研修講座について
講座の内容
講座修了後のお仕事
スクール紹介